ご訪問ありがとうございます。

音楽学専攻を経て、オペラ演出を中心に活動しております、

舘亜里沙の公式サイトになります。

公演記録や楽理科・音楽学を中心としたレッスンについて等、お気軽にご覧ください。

よろしくお願いいたします。 

News!

《カヴァレリア・ルスティカーナ》/《道化師》公演決定!

2019年11月22日(金)18時開演(17時半開場) 

武蔵野市民文化会館 小ホール

入場料5,000円

 

指揮:苫米地英一

演出:舘亜里沙

 

【カヴァレリア・ルスティカーナ】

 サントゥッツァ:藤野沙優 トゥリッドゥ:大澤一彰

 アルフィオ:伊藤和広  ルチア:栗田真帆

 ローラ:山田裕香  ピアノ:小滝翔平

 

 【道化師】

 カニオ:片寄純也 ネッダ:小田切一恵

 トニオ:武田直之 ペッペ:高橋拓真

 シルヴィオ:浜田耕一 ピアノ:齋藤誠二

 

歌劇団KamiteのHPにて、他出演者やスタッフも順次発表中です。

主宰団体の特別公演が決定!

歌劇団Kamite特別公演

 オペラ《リータ》+ガラ・コンサートViva Donizetti!!(字幕付)

日時:2019年6月19日(水)/20日(木)各日19時開演(18時開場)

 会場:スターパインズカフェ(吉祥寺駅最寄)

 チケット:入場料3500円+ワンドリンク

 ご予約・お問合せ:歌劇団Kamite(opera.kamite@gmail.comまたはhttps://opera-kamite.jimdo.com/)

 ※ご予約の場合はお名前・枚数・ご連絡先をお伝えください。

 

◎オペラ《リータ》―あるいは叩かれた夫―

 

 日本語潤色台本&演出:舘亜里沙

 指揮:中橋健太郎左衛門

 ピアノ:松岡なぎさ

 リータ:傳田実咲

 ベッペ:高橋拓真

 ガスパーロ:飯田裕之

 

【概要】宿の女将リータをめぐって「妻に叩かれている夫」と「妻を叩いていた夫」が対決!さてその結末は...?ドニゼッティの名作喜劇を、今回の公演のための台本と演出でお届けします。

 

◎Viva Donizetti!!—悲劇VS喜劇—

 

ソプラノ:四津谷泰子、打越梨紗 
テノール:大塚康祐
バリトン:木村雄太 
ピアノ:舘亜里沙

 

【概要】生涯に70以上ものオペラを書いたドニゼッティ。彼の悲劇および喜劇の名作を、4名の歌手で紹介します。

  

主催:歌劇団Kamite https://opera-kamite.jimdo.com/ 

音楽朗読劇に挑戦しました!「百年咲いた花―オペラと歌謡曲の出逢い」

先日、クラシックの歌手達で歌謡曲を演唱する「百年咲いた花―オペラと歌謡曲の出逢い」の脚本と演出を手掛け、脚本執筆が活動に全面的に加わるようになってきました。
今後も新しいパフォーマンスの可能性を探ってゆきたいと思います。

【無事終演!】主宰団体の第2回公演、ご来場ありがとうございました。

昨年度の《蝶々夫人》に続き、プッチーニの名作《ジャンニ・スキッキ》《ラ・ボエーム》をお届けしました。一日でプッチーニの著名なオペラをダブルでやってしまおうという一大企画でしたが、たくさんの方のご協力・応援に感謝いたします。

【無事終演!】《コジ・ファン・トゥッテ》ご来場ありがとうございました♪

今年度第一回を迎える江古田音楽祭の一環として、モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》を演出させていただきました。

日本語の台詞や字幕付きのユニークな演出で、人間にとって普遍のテーマとも言える、男女の恋模様を描きました。

モーツァルトの音楽の美しさと、その中で揺れ動く登場人物達の心を読み取っていただけていれば幸いです。

 

《蝶々夫人》へのクラウドファンディングご協力ありがとうございました

おかげさまで、クラウドファンディングでの協力を募りました《蝶々夫人》が無事終演いたしました。応援していただいた皆様へ、心より御礼申し上げます。
クラウドファンディングサイトでの報告記事はこちらになります。

https://motion-gallery.net/projects/operakamite/updates/11956

舞台写真はGalleryページをご覧ください!