オペラ演出試演会Vol. 2終了

©高田慧
©高田慧

先日2月13日、演出家4名でオペラのワンシーンを披露し合う「オペラ演出試演会」が終わりました。見に来ていただいた方々から貴重なコメントもいただき、改めてこの発表のために稽古してきたことや、自分のコンセプトを思い返しています。
今回ご協力いただいた出演者やスタッフの皆様、そしてご一緒した演出家の皆様のおかげで出来たことがたくさんありました。と同時に、もっと私は出演者のみんなを輝かせられたのではないか…と反省する気持ちもいっぱい…

私はこの発表で、オペラ《リゴレット》からマントヴァ公爵のシーンを抜き出しました。謎な色男という印象が強いこの公爵ですが、きっと彼は周囲より高い身分であるがために孤独で、だからこそ女性という存在に憧れを抱き愛を見出したいと思っているのでは…というのが私の解釈でした。そこで、文字通りに演じれば、ただ公爵にくっついているだけの廷臣達を、むしろ公爵の女性に対する一抹の希望を打ち砕く集団といて舞台に出しました。

お客さんの中に「ぜひこのコンセプトで全幕見たかったな」と言ってくださった型がいて、とても嬉しかったです。いつかこの作品を全幕上演する日に向けて、これからも精進したいと思います。

応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。















舞台写真はGalleryページをご覧ください!