終わりかけの夏

8月は演出助手で入っていたトゥーランドットに追われていました。プッチーニは本当に演出するのが難しい。合唱シーンが多いとなおさらです。でも、メインのモティーフを聴いたら自然と涙ぐんでしまうくらい好きなオペラ、よい公演になってほしいです。
演劇研究部を指導している高校も無事に次の大会に進めることになり、ホッとしています。

舞台写真はGalleryページをご覧ください!